本能寺の変の謎 - 米田一雄

米田一雄 本能寺の変の謎

Add: goqyqa77 - Date: 2020-11-21 19:59:29 - Views: 2554 - Clicks: 2294

中古本を買うならブックオフオンラインヤフオク!店。まとめ買いで更にお得に!! タイトル 本能寺の変の謎 作者 米田一雄 販売会社 文芸社/ 発売年月日 /06/ご入札する前にご確認いただきたいこと. 本能寺の変が光秀の緻密な戦略だったことが分かります。 明智光秀が沓掛から引き返すことになりますが、主な家臣以外誰も知らされていないので、当時現場にいたほとんどの兵士は誰を攻撃するのか見当がつかなかったのかもしれません。 『明智軍記』によると、光秀は晩年、今までの光秀の領地である近江坂本(滋賀郡)と丹波国(たんばのくに)を召し上げられてしまった(領地没収)と云います。 かわりに現在の島根県で、当時は毛利氏の領地であった中国の出雲国(いずものくに)、石見国(いわみのくに)に国替えされたそうです。 当時の毛利氏は信長と敵対していますので、中国は敵の領地です。 まだ討ち取ってもいない敵の領地を与えるとは、家臣に力尽くで領地を獲得してこさせる方法で、信長からは「切り取り次第領地にしてよい」と言われていたとされています。 まだ平定されてない敵の土地を与える、そのようなことがあるのかなと思ってしまいますが、実際に行っていた武将もいたそうです。 本当だとしたら、領国経営に心血を注いだ光秀の領地は没収され、家臣も露頭に迷わせてしまうかもしれない事態になってしまいました。 織田家の重臣まで上り詰めた光秀、晩年にこのように冷遇されたとなれば、精神的な衝撃は大きかったと思いますが. Save on ISBN.

See full list on kiiroipanda. 1582(天正10)年、信長は安土城(滋賀県近江八幡市)において、武田家を滅ぼした徳川家康を労うため、酒や食事などを出してもてなすことにします。 しかし家康の接待役を任された光秀が、近江の名物で珍味として名高い鮒鮨(ふなずし)を出したところ、信長が「腐った食べ物だ」と激怒したと云います。 光秀はその場で接待役を解任され、秀吉の援軍に行くよう命じられてしまいます。 ※家康を討つよう命じられたのに、拒否したため解任されたとする説もあります。 この説も江戸時代に成立した『常山紀談』という逸話集が出典元で、どこまで信頼できるのか不明ですし、光秀は秀吉よりも信長に優遇されていたという逸話も残っていることから、真相は今なお明らかになっていません。. 光秀の国替えの真偽は不明です。 本能寺の変の動機が「怨恨説」と言われる理由を見てみましたが、どれも腑に落ちませんね. 天正10年(1582年)ごろ、信長は急に光秀を冷遇するようになります。 有名なエピソードは、ルイス・フロイスが記録した「信長と光秀が催しの準備を密室で行っていた際、信長の好みに合わないことで光秀が言葉を返すと信長は怒り、2度ほど足蹴にした」というもの。 もうひとつは信長が家康をもてなした安土城の饗応において、準備を任されていた光秀は腐った鯛を出してしまい、信長の怒りを買って任を解かれたというエピソード。 こちらのエピソードは後世の創作とされていますが、この時期に光秀は所領を没収されてかわりに毛利領の出雲・石見を勝ち取ってこいと言われ、秀吉の中国攻めを支援してこいと命じられたわけで、信長が冷遇していたのは事実のようです。 鯛の話はそれを強調するために生まれた後世の創作でしょう。.

1579(天正7)年、光秀は信長に任された丹波(たんば)平定の為の戦いで、敵の波多野秀治(はたの ひではる)・秀尚(ひでひさ)兄弟を降伏させる条件として、光秀自らが自分の母親を人質として差し出します。 にもかかわらず、信長は投降してきた波多野兄弟を討ち滅ぼしてしまいます。 激怒した波多野側は、光秀の母をはりつけにしてしまったそうです。 この信長の判断により、実母が殺害されたともなれば、本能寺の変の動機になりそうですね。 ただ、この話の出典元は『常山紀談』という逸話集で、一級史料である『信長公記』には光秀の母の記述はないため、後の世の創作と見なされています。. とはいえ、『明智軍記』以外に詳細な史料があるかといえば、それも見当たらず。光秀の前半生も『明智軍記』を頼るしかないようです。 あえて『明智軍記』から紹介すると、光秀は土岐氏庶流の明智氏の生まれで、当時の明智氏は斎藤道三に仕えていたといいます。 斎藤道三といえば美濃の戦国大名で知られ、「美濃のマムシ」の異名でも有名ですよね。近年の研究だと彼の国盗りは1人ではなく、親子二代で成し遂げられたものとか. 織田信長と本能寺の変戦国最大の謎光秀謀反の真相に迫る! 双葉社 isbn:年05月発売ムックその他 980円(税込)送料無料 立ち読みしてみよう! レビュー(2件) 1~2週間以内に発送予定 中古で探す: 楽天市場 楽天オークション. 商品について本の背表紙に焼け、一部折れ跡がございます。・本商品は店頭と併売になっており、入札以前に商品が販売されてしまう可能性が御座います状態ランクについてこの商品の状態ランクは、C 中古品として考えても、気になるキズや汚れなどがある状態の商品です。当店の状態ランク. 米田 一雄『本能寺の変の謎』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約0件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。.

② 時代・歴史小説. 今年のNHK大河ドラマ『麒麟がくる』の主人公「明智光秀」が、主君織田信長を討った「本能寺の変」。日本史に刻まれる事件となっているが、明智がなぜ謀反を犯したのかは「謎」とされ、長い時代にわたって関心の的となっている。 また光秀の「謎」は、本能寺の変の動機だけではない. 主に米田一雄著『本能寺の変の真相』を参考にして。 天正十年三月、武田征伐。11日岩村に着陣→18日高遠城→19日法華寺本陣の近くに陣を構えたのは、織田信澄、堀. 本能寺の変 本能寺の変 / ; 安土城 / ; 安土桃山時代 / ; 秀吉/. 秀吉の支援を命じられた光秀。6月1日に出陣の準備に取りかかりますが、翌2日の未明、光秀が向かった先は信長が逗留している本能寺でした。この謀反を知らされたのは光秀の5人の家老だけであり、下々の兵は一体誰を襲っているのかもよくわかっていなかったとか。 本能寺の変の動機については、「怨恨説」「野望説」ほか、「秀吉黒幕説」、幕府再興を狙った「義昭黒幕説」、その他「朝廷黒幕説」など諸説あります。. ホンノウジ ノ 本能寺の変の謎 - 米田一雄 ヘン ノ ナゾ.

本能寺の変をおこし、「裏切り者」「三日天下」とネガティブなイメージの強かった明智光秀。一方で、信長の右腕にのぼりめるほど頭脳明晰、そして教養人だったという説もある謎の多い人物です。 不自然なほど資料が残っていない光秀は、本当はどんな人物だったのでしょうか?そして. 本能寺の変の真相 - 米田一雄 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!. 本能寺の変の謎 - 米田一雄/著 - 本の購入はオンライン書店e-honでどうぞ。書店受取なら、完全送料無料で、カード番号の入力も不要!お手軽なうえに、個別梱包で届くので安心です。宅配もお選びいただけます。. 【メール便送料無料、通常24時間以内出荷】。【中古】 本能寺の変の謎 / 米田 一雄 / 文芸社 単行本(ソフトカバー)【メール便送料無料】【あす楽対応】. 【tsutaya オンラインショッピング】本能寺の変の謎/米田一雄 tポイントが使える・貯まるtsutaya/ツタヤの通販サイト!本. ぐるぐる王国DS ヤフー店の本能寺の変の謎:ならYahoo!

⑤ ほおずき図書館が謎の集団に占拠され、人質. 【中古】 本能寺の変の真相 /米田一雄(著者) 【中古】afb. 織田信長と対立した室町幕府15代将軍・足利義昭(あしかが よしあき)は、信長に対抗する為に信長包囲網(のぶながほういもう)を形成し、その一員に朝倉義景(あさくら よしかげ)もいました。 義景は、信長にとって以前からの宿敵とされる人物です。 1573(天正)元年に、信長と義景の間に一乗谷城(いちじょうだにじょう)の戦いが起きて、朝倉家は滅亡します。 その後の1573(天正)2年の元旦、朝倉家の当主であった朝倉義景の頭蓋骨を漆塗りにして金粉を施し、白木の台に載せ、これを肴(さかな)に家臣達に酒を飲ませ謡って遊んだと伝わっています。 光秀は、信長に仕える前に朝倉義景に仕えていたとする説があり、このことで恨みを持ったとも云われています。 この説は、『信長公記』という信長の第一級史料に記載されている話ですので、信憑性があります。 ですが、これは敵将への敬意の念を表した死に化粧の意味があるとされています。 また、頭蓋骨を盃(さかずき)の代わりにして、酒を飲んだとする酷い説もありますが、頭蓋骨を盃にしたのは後の世の創作と見なされています。 現代人から見れば、自分たちが討ち果たした人の頭蓋骨を前にして、興じるのはゾッとするような理解できない話ですが、死に化粧をして成仏を願ったとする説が本当であれば、怨恨の動機ではないかもしれません。 以前の主君が殺されたことについては、光秀自身も義景との戦に信長方として参加しています。 何より、光秀が本当に朝倉家に仕えていたか自体が史実かどうかわかっておらず、頭蓋骨の件が本能寺の変の動機というのは厳しいかなと思います。. テレビなどで信長を怒らせた光秀が殴られたり、足蹴(あしげ)にされる場面をご覧になったことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。 お酒の席で暴言、暴力を振るわれた逸話を紹介させていただきます。 ・光秀は信長から大きな盃に入った酒を飲むように言われますが、辞退したところ脇差を突きつけられたため、結局、強要され飲んだとする話があります。 ・ある宴席で、光秀は目立たないように座ろうとしたそうですが、「このキンカ頭」(ハゲ頭という意味)と大勢の前で怒鳴られ、頭を殴られたとする話も伝わっています。 ・1582(天正10)年、信長とその重臣達が集う酒席で、便所に向かった光秀を槍を持った信長が追いかけ、「何故座敷を立ったのか、この槍でお前の首を貫くぞ」と責め立てられたそうです。 「このキンカ頭」も知られた話ではないかと思いますが、どれも逸話で信憑性は乏しい話です. 本能寺の変の謎 - 米田一雄 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!.

③ 米田一雄(よねだかずお). 信長を討った光秀はそれを各地の武将に通達し、朝廷には「信長に代わって天下人になったので許可を」と正式なルートで天下人となる許可を求めます。朝廷から返事が来るまで数日。その間光秀は仲間を集めようと各所に書状を送ります。 とくにアテにしていたのは細川藤孝・忠興親子と筒井順慶でしょう。どちらも信長家臣団の一員で、光秀の与力となっていました。どちらとも家臣としてだけでなく、茶の湯や連歌を通した文化的交流、さらに姻戚関係も結んだ間柄であったため、光秀は当然味方してくれるものと考えていたはずです。 しかし細川親子は動かず。「落ち着いたら忠興に天下を譲る」とまで言って説得しますが、だんまりを決め込まれたのです。 一方、筒井順慶のほうはしぶしぶながら兵を出して助力する姿勢を見せましたが、秀吉が恐るべき速さで中国から引き返しているのを知ると態度を変えて退散。説得もむなしく味方は得られませんでした。 朝廷から許可は得られたものの、想定外の兵力の少なさ、秀吉の想定外の動き、光秀は根回しする暇もなく完全に出遅れ、山崎の戦いで明智軍は倍以上の軍と対峙することになります。当然敗れ、秀吉軍の勝利で光秀の天下は. 小説・エッセイ / 人文・思想・社会. 本能寺の変、秀吉中国大返し、山崎の合戦の真相に迫るあたりはなかなか面白く書かれており、通説の戦国時代しか知らないという方には是非お読みなっていただきたい本です。 光秀生存説と言えば今までは天海説でしたが、この本は天海説には否定的です。.

前半の3分の2くらいは本能寺の変とは(直接は)関係のない、誰でも知っている歴史的事実を列挙しているだけです。 しかもその列挙が時系列でなく、時代がすぐにあっちこっちに行くので戸惑います。. 1582(天正10)年、3月から4月にかけて弱体化した武田家を滅亡させるため信長は甲州征伐(こうしゅうせいばつ)を行い、1582年4月3日(天正10年3月11日)、武田勝頼(たけだ かつより)、武田 信勝(たけだ のぶかつ)親子を自害に追い込み、戦国大名としての武田家は滅亡します。 長年の宿敵である武田家を滅亡させた信長は、戦の後に宴会を開き戦勝を祝ったと伝わります。 その宴会で光秀が、「こんなにめでたいことはありません。我々も骨を折ったかいがありました」と発言し、「お前がいつ骨を折ったのか」と信長が激怒し、更に光秀の頭をつかんで欄干(らんかん)(手すり)にたたきつけたとする説があります。 ※欄干にたたきつけたのではなく、信長の小姓である森蘭丸に鉄扇(てっせん)で叩かれ恥をかかかされたとする説もあります。 この話は、現代でもフィクションなどで使用されますので、どこかで聞いたことがあるかもしれませんが、出典元は『明智軍記』という俗書とされる史料であり、信憑性はありません。 これが本当だとしても、本能寺の変の動機になるでしょうか? 光秀が本能寺の変を起こした動機は、よほどのことがあったのではないかと思っています。 宴席の話が本当であっても、このことだけが動機ではなさそうに思います。. 国立国会図書館の検索・申込システムです。 登録idでログインすると、複写サービス等を利用できます。 (登録について. 年の大河ドラマ「麒麟がくる」で話題の明智光秀。光秀は信長に仕える前の史料が乏しいため前半生は謎に包まれていましたが、近年の研究により少しづつ明らかになってきました。たとえば光秀は昔医者だったとか・・・。その他にも、歴女の筆者も初耳な情報や本能寺の変の原因など. 【定価77%off】 中古価格¥350(税込) 【¥1,190おトク!】 本能寺の変の謎/米田一雄(著者)/中古本・書籍/ブックオフオンライン/ブックオフ公式通販・買取サイト。. 本能寺の変でとても有名な明智光秀ですが、彼の前半生にフォーカスしてみると謎だらけです。 そもそも生まれた年すらハッキリしません。『大日本史料 』所収の「明智氏一族宮城家相伝系図書」の一説に従うのであれば、享禄元年(1528年)に誕生したか、と言われている程度です。 出自についても、一般的に知られる通説「土岐明智氏」の説が有力ですが、その他「進士信周の次男」説、「若狭小浜の刀鍛冶冬広の次男」説など、諸説あります。 そもそもこれほどまでに光秀の前半生が謎なのは、確かな情報を記録した史料が少ないというのが大きいでしょう。 光秀の生涯を詳細に記した史料としては『明智軍記』が有名ですが、これは江戸時代に入ってから書かれた軍記物であり、同時代の歴史を記したほかの書物と照らし合わせると誤りも多く、歴史を知る史料としては信憑性がないと考えられています。.

。 この中に真実があって信長に嫌悪感を抱いたとしても、本能寺の変の動機はもっと他にあるのではないかと思います。 また、信長から評価されたり、良好な関係を築いていたとする話もあるそうですが、歴史上から抹殺されているとする説もあり、「怨恨説」と相反します。 歴史上から抹殺された説については、またの機会に記載します。 光秀の母についての記事はこちらに記しています。 ☟ 明智光秀の出生地と光秀の母について 光秀が治めた丹波国の記事はこちらです。 ☟ 明智光秀が丹波の地で慕われる理由 本能寺にある宝物と三足の伝説のある蛙についての記事です。 ☟ 本能寺の宝物と三脚の蛙 本能寺の変の跡地に行った記事はこちらです。 ☟ 本能寺跡. 本能寺の変 四二七年目の真実: 明智憲三郎著 282頁 プレジデント社 /03 「本能寺の変」はなぜ起こったか: 津本陽著 209頁 角川書店 /12: 織田信長 最後の茶会 (光文社新書) 小島毅 264頁 光文社 /07: 本能寺の変の謎: 米田一雄著 文芸社 /06. 光秀は信長に仕える前、越前国の戦国大名で知られる朝倉義景を主君にしていた、というのが通説です。しかしこの説も『明智軍記』程度しか史料がなく、本当に仕えていたかどうかの確証はありません。 一方で、朝倉義景ではなくて細川藤孝に仕え、早い段階から幕臣であったという見方もあり、こちらは近年有力視されているようです。. BOOKOFF Online ヤフー店の本能寺の変の謎/米田一雄(著者):ならYahoo! Pontaポイント使えます! | 本能寺の変の真相 | 米田一雄 | 発売国:日本 | 書籍 || HMV&BOOKS online 支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!. See full list on sengoku-his. 信長の家臣としてしっかり結果を出し続けた光秀は、その忠勤を評価され、天正3年(1575年)には朝廷から「惟任」の姓と、日向守の官名を賜りました。 このころ信長の命で丹波攻略に力を注いでいましたが、およそ5年がかりで天正7年(1579年)にようやく平定します。 信長も大満足で、この苦労を称えて丹波一国29万石と亀山城を与えました。これによって光秀は信長家臣団の中でも一大勢力を誇る大名となり、畿内ほぼ全域を組織するほどになりました。 新たな丹波領主となった光秀は領民からすればよそ者。前の領主のように搾取するのかと思われていましたが、光秀は善政を敷いて領民に慕われていたのだとか。いまや光秀は主君を討った謀反人ですが、丹波の地ではいまだに「御霊さま」と慕われ、神社に祀られています。 この丹波平定のころは、光秀にとってもっとも輝かしい時代だったと言えそうです。手柄を立てては勢力を増していき、長年苦しめられた丹波攻略もようやくうまくいった。丹波領内を整えて軌道に乗せ、あとは家臣に任せて坂本に戻って過ごそう.

さまざまに推測・憶測が乱れ飛ぶ中、現存する史料を詳細に分析して、著者自らの足、目、耳で確かめつつ、大胆に本能寺の変の謎に迫る。。 著者紹介。 九州大学法学部卒業。歴史研究家。税理士。中小企業診断士。米田会計事務所、米田経営研究所を開設。. 。そんなふうに思っていたのではないでしょうか。 しかし、まもなくして暗雲が立ち込めます。. 定価¥1,540(税込) 本能寺の変の謎/米田一雄(著者)/新品本・書籍/ブックオフオンライン/ブックオフ公式通販・買取サイト。1500円以上のご注文で送料無料。. com has 本能寺の変の謎 by 米田 一雄 and over 50 million more used, rare, and out-of-print books. 大河『麒麟が来る』では、光秀の前半生にスポットを当てるようですが、この記事でお伝えしたように残念ながら彼の前半生は伝承の域をでていません。 美濃守護の土岐頼芸、道三父子、濃姫など美濃の主要人物、そして将軍や幕臣など室町幕府の人々。光秀と彼らとの関わりがドラマではどのように描かれるのか。注目したいところです。. 85本能寺の変捜査報告書 小林 久三/著 php研究所 86本能寺の変の真相 米田 一雄/著 文芸社 87本能寺の変の謎 米田 一雄/著 文芸社 88本能寺の変431年目の真実 明智 憲三郎/著 文芸社 89「本能寺の変」はなぜ起こったか 津本 陽/著 角川書店 90「本能寺の変. 光秀が亡くなったとされるのは6月13日。敗れて山中を逃げている最中に落ち武者狩りに遭い、自害したと伝わっています。光秀が天下人だったのはわずか11日。あっけない最期でした。 ちなみに、光秀の家老であった明智秀満は光秀が敗れたと知って安土から坂本城に戻り、秀吉方の軍に取り囲まれるなか、もはやこれまでと死ぬ支度を整え、光秀の妻子や自身の妻を刺殺したあと城に火を放って自刃しました。 本能寺の変決意からの行動は、智将として知られる光秀にしては性急であり、準備不足と運のなさで敗北してしまいました。光秀最大の誤算は、信長を殺しさえすればみんな味方についてくれると思ったことでしょう。それだけ信頼関係を築けているつもりだったのでしょうか。結局は藤孝や順慶も信長の家臣であり、光秀の忠臣ではなかったのです。 ルイス・フロイスは光秀を「狡猾」で「冷淡」な人物と評しており、織田家中ではよそ者扱いで快く思われていなかったと言っています。信長びいきのフロイスが信長を殺した光秀をあえて悪く書いたとも考えられますが、本能寺の変後にそっぽを向かれた状況を見ると、意外とその見方は正しかったのかもしれません。.

。 そんな道三もやがて嫡男の義龍と対立して弘治2(1556)年の長良川の戦いで討死しています。このとき明智氏は道三方に加担していたといいます。 これが理由でのちに明智城は義龍に攻められて明智光安が戦死。光安の甥であった光秀も越前へ逃れ、家族を預けて永禄3-5(1560-62)年の約2年間、一人諸国を放浪したとされています。 この話も結構知られています。光秀の妻・煕子が自分の髪を売ってまで夫のためにお金を工面したエピソードなどは、このころの話を元にしたもの考えられます。. 米田 一雄『本能寺の変の真相』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約1件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。. 。 普段から信長に厳しく当たられていたから逸話ができたのでしょうか? それとも、江戸時代から云われていた「本能寺の変の動機は怨恨」ではないかとする推測が生んだ逸話でしょうか?. ① 本能寺の変の真相.

| 本能寺の変の謎 | 米田一雄 | 発売国:日本 | 書籍 || HMV&BOOKS online 支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です! 米田一雄 本能寺の変の謎 : 米田一雄 | HMV&BOOKS online.

本能寺の変の謎 - 米田一雄

email: zibufuc@gmail.com - phone:(518) 966-2577 x 9194

「経営センスの磨き方」 浅沼公子流 - 浅沼公子 - ヒトの親指はエライ 山本省三

-> 山口県の社会科 参考書 2016 - 協同教育研究会
-> New stream 教科書準拠CD

本能寺の変の謎 - 米田一雄 - ソーヤーの冒険 日本アニメ ション株式会社


Sitemap 1

古風土記の研究 - 橋本雅之 - メイプルタウン物語 パティのめいろブック